新しい女性の輝き方

今日のテーマは…

自分らしく生きて、輝き魅力的に生きる為に。

 

 

日経doors記事から考える 新しい《幸せ》と《充実した生き方》の作り方

アンバサダーを務めさせていただいている日経Xwomanにて記事を更新しました。

日経Xwoman アンバサダー記事

こちらにも嘘偽りなくたっぷり書かせて頂きましたが(笑)

どこかで女性が社会進出したり、働く・育児に悩む過程で直面する悩みの多くが

 

・自分自身が子供のときに見てきた当たり前の光景

・これが親としての当たり前の姿

・女性たるものこうあってこそ、女性らしく幸せな未来を築いていける

 

これらの過去に当たり前のように考えてきた事や見た事から逸脱しそうなときに

悩みが出てくるのではないか。

という事を、お客様のお話をお伺いしていても、自分が新しい生き方に踏み出した時も、感じました。

 

自分の幸せの在り方がどこかで小さなころ見た大人の在り方と同じでないと

不安を感じる部分もあるのかもしれません。

 

または、親を反面教師にして生きている人ももちろん多く。

その場合は、自分が自由になろうとするとき、何か問題が起こった時、

必死にあの姿にならないようにして来ていたのに、

このまま行ったら一番なりたくなかった姿になってしまうのではないか。

と、必死に踏みとどまり、自分の希望や自分らしさではなく

《世間一般の成功方式》に親子共々乗っていかなくては!と個性を殺して生きている場合もあります。

 

 

新しい生き方で幸せを見つけて初めて自信になる

 新しい事の挑戦しと思ったときに障害となるのは

《何か起こったらどうしよう》

という自分自身の不安。

《それ本当に大丈夫なの?》

という周りからの心配。

 

私が思うのは、

それらの言葉で諦められる事はどんどん、辞めていって大丈夫!

 

 

挑戦は、力も時間もお金も必要なのは確か。

きっとその場合に始めても、何かあった時にめげたり、嫌になったり、

その新しい場所で人と比べて落ち込んだりする人も多いのです。

 

やっぱりどんな形でも良いので、小さな収穫や自分の中での変化を感じられる事が

新しい挑戦を経て自信に変えていける要因

 

だと多くの女性をみて感じています。

チャンスがあったらあまり気にせず、飛び込んでみるのも良いのですが、

《何かキラっと輝く魅力を感じる事が必要だと思っています。》

 

なんか近いから行ってみよう!でも一つのきっかけとして悪くありません。

でもその場所・いる人・見るもの・学べるものに、何か

《キラっと輝く魅力》を感じていることは、継続する力

になると感じているんです。

やってみたら何か変われるかも。と思う事と同時に

そのキラっとした輝きを自分に取り込むための時間

という感覚で経験を積んでいくとすごく人は大きく変わる要因になると感じています。

 

《安心》を選ぶか《新しい魅力》を選ぶか

 

私自身もこの仕事を始める前はそうだったのですが、

仮に得られるものがあってもどうなるかわからないから《安心》を選ぶ傾向

にありました。

 

でもこの仕事を始めて、

新しい挑戦や新しい場所・景色の先には必ず《新しい魅力》が見えました。

しかし、たまには、違う選択をすればよかったかも…

なんて思うこともあります。

しかしその時、そこから学んだことを自分の人生にどう活かすか?

しか考えていません(笑)

そして、そこでかけた時間と学びを、どんな形で今後に還元していくか?を考えています。

また、人はキラキラしているような場所に行っても、

自分が輝き・幸せになれるとは限りません。

それを自分の身をもって体感していく経験もとても大きいです。

 

大切な事は

文句・愚痴・不満・後悔は簡単に出てきます。

でも私は、ここで終わる人になりたくないと思っています。

そうやって他人から言われて、めげそうになる時もあるかもしれません。

でもそれを言った人は私自身の人生に責任も持ってくれませんし、自分の本当に思う幸せにも連れて行って

くれません。

 

 

そしてここで立ち止まらず上記に述べた《今後にそう活かすか?》を重点的に考えるようになってから

大きく人生も仕事の仕方も進み方も変わりました。

自分が行動1つずつを意識して変えていく事で、現実は変わります。

これを一人で問題を見つける事を難しい時はきちんとプロに頼ればいいですし、

自分が変わる方法はたくさんあります。

でも注意点は、接していて心地よい人・時間とお金をかけても学んでいきたいと思わせてくれる人を選ぶことをお勧めします。

私はどんなにコンテンツが魅了的でも、結局人の力は本当に大きいと思っています。

形を変えながら《よくなっていけばよい》

 話が若干逸れましたが、

日経の記事であった、夫婦のビジネス思考ももちろん。

 

うまくいかなかったらその都度、恐れず形を変えれば何も問題がないわけです。

 

私自身ずっと《取り返しのつかない事になったらどうしよう》と常に思い

安心を選ぶ傾向にありました。

でも、そこに本当に輝きや満たされた気持ち、自分が自分でいれてよかったと思える生き方が

無かった時。物足りなさを感じ始めてきたとき。

 

形を変えている強さを持つ事を大切にしたいなと思っています。

もしかしたら失敗したら何か言われれるかもしれないけれど、

その時にリスクや考えられる事をきっちり考えて起こした行動ならば、決して悔いる事はないと思います。

私の中での今のリスク管理としては、

現時点では借金・払いきれないお金をかける事はしない。

した決断の先に見据えている未来にどのような形で必要で、どうプラスになる一歩なのか?

人に教えを乞うときは、その人の背中や生き方のような要素を今後持っていきたいか?

どんな部分に魅力を感じるかがわかっているか?

という事を考えています。

また自分のお客さまにお渡しするものの時は本当に気を付ける事は2つ。

自分がお金を出してもお客様をとして買いたいかどうか?

お客様の立場でしてほしい事を網羅し、そのケアを含めてサービスを行っていけるか?

という点です。

 

それらを考えた先にした挑戦は新しい生き方や自分の力・経験になっていきます。

その挑戦が一人でするには大変な時、結局今までの自分から思うように変われない時の

人生の伴走者として、今後も私らしくお客さまのサポートをしていきたいと思います。

そして私たち家族も、母親が働きながら子供を育てていく(しかもそれが起業だなんてこれまた初挑戦!笑)

この人生自体が初めての経験なので、その都度形を変えながら、

私たち家族にとって幸せやそれぞれが輝いていけるような、

より良い人生にしていけたらいいなと思っています。

 

関連記事

  1. yui sato
  2. yui sato
PAGE TOP